« 27年度協賛企業ご案内 | トップページ | 27年度総会講演会のお知らせ »

2015年4月27日 (月)

27年度講演会抄録

「歯内療法で「考える歯科医」を実践するために
〜実臨床と科学的根拠をどう結びつけるか〜」
田中利典:川勝歯科医院 副院長(東京都杉並区)

<抄録>
 歯内療法の実臨床と科学的根拠について、臨床実習を含め学部教育レベルで深く理解し習得することは困難である。これは、歯内療法が様々な臨床症状のマネージメント能力も同時に求められる分野だからであり、治療術式のみを理解し単純に実践するだけでは本当の意味で歯内療法とは言えない。
 われわれ歯科医師は、日常的に行う根管治療、再根管治療を通じてその経験値を積む訳であるが、ではその治療術式や意思決定の流れにおける科学的根拠は明確なのであろうか。ひょっとしたら過去の症例経験や今までの勘、また、保険医療制度の縛りから「考えること自体が少ない分野」という先生がいらっしゃるかもしれない。
 今回、東北大学歯学部同窓会創立50周年という節目に、東北大学歯学部発足理念の一つでもある「考える歯科医」を講演テーマにして、歯内療法の実臨床と科学的根拠を掘り下げてみたい。
 歯内療法は、ときには歯の保存の可否を担うほどの意味深い治療である。ご参加いただく先生方にとって、本講演が、理論だけでなく、手技だけでなく、その両方を結びつけた歯内療法を考えるきっかけとなれば幸いである。


<略歴> 田中 利典 (たなか としのり)
2001年 東北大学歯学部卒業(31回生)
2001年 東京医科歯科大学歯学部補綴科(摂食機能評価学)入局 専攻生
2004年 澤田デンタルオフィス(東京都新宿区)勤務
2006年 藤本研修会 補綴・咬合コース修了(第28期)
2006年 米国ペンシルベニア大学歯学部コンベンショナルエンドドンティクスコース、マイクロサージェリーコース修了
2008年 米国コロンビア大学歯学部歯内療法専門医課程入学
2010年 米国コロンビア大学歯学部歯内療法専門医課程卒業 米国歯内療法専門医
2010年 川勝歯科医院 副院長
2011年 日本歯内療法学会 認定専門医
2013年 東北大学歯学部同窓会東京支部 役員
2014年 日吉歯科診療所(山形県酒田市)専門医診療室 歯内療法担当医(非常勤)
2015年 日本歯内療法学会 学術委員

<所属学会>
米国歯内療法学会 認定専門医
日本歯内療法学会 認定専門医
国際外傷歯学会
日本口腔顔面痛学会

« 27年度協賛企業ご案内 | トップページ | 27年度総会講演会のお知らせ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。